白内障

P3PIC-20150206104318
白内障 60歳以上の多くの方に見られる疾患です。
年をとれば誰にでも生じる病気ですが、進行すると「目がかすむ」「昼間まぶしい」などの症状として自覚されます。
ある程度進行した段階では、手術が必要となりますから、ご相談ください。

白内障とは

人間の目(眼球)には、ものを見る際にピントの調節をおこなう「水晶体」があります。
弾力があり、この水晶体を調節することでものがきちんと見える状態になる透明なレンズです。
白内障は、この水晶体が濁ってしまうことでさまざまな問題を引き起こします。
白内障単体では、痛みや目の充血といった症状は現れません。
「目がかすむ」というのが、白内障の主な症状ではありますが、以下の症状に思い当たる方にも白内障の可能性があります。

白内障患者様の主な症状

目のかすみ

白内障の患者様にもっとも多く現れる症状です。症状が進行していくと、目の前にあるものを判別することすら難しくなります。

明るい場所だと、まぶしくて見えづらい

太陽光など強い光の下では、まぶしいと感じてしまいものが見えにくくなるのも白内障の症状として挙げられます

見ているものが二重に見える

きちんとピントは合っているはずなのに、ものがダブって見えてしまうという方も中にはいらっしゃいます。左右どちらか見やすい目で見て二重や三重にものが見える場合には白内障を疑いましょう

視力の低下

細かい文字で書かれている文章が読みづらいのも、白内障の可能性が。老眼の症状の場合もありますが、白内障で視力が落ちると老眼鏡をかけても字は読みやすくなりません。

暗い場所で見えづらくなった

暗い場所でものが見えにくくなってしまい、きちんと灯りをつけている場所でも暗く感じてしまう

 
ページトップへ