白内障日帰り手術

白内障とは、眼球にあるレンズの役割を果たしている「水晶体」が濁ってしまうことによって起こります。

・物が見えにくい
・まぶしい
・2重に見える(単眼複視)

などの症状が起こります。

白内障は、眼球から取り込んだ像が映る網膜や、目がから見えた情報を脳へと伝達する視神経に異常がなければ手術をお受けいただくいことで症状が改善する可能性が非常に高い病気です。

白内障手術の手順

① 眼球を切開し、水晶体の前嚢を切り取る

hakunaisho_ope_01
まず濁ってしまった水晶体を取り出す前に、眼球の黒目と白目のちょうど境のあたりを切開します。水晶体を包んでいる

② 超音波を使い、水晶体の核と皮質を砕き吸引

hakunaisho_ope_02
白く濁った核・皮質を超音波で砕きながら吸引していきます。この時、後嚢およびチン小帯は残します。

③ 眼内レンズを入れる

hakunaisho_ope_03
核・皮質を吸引した嚢の中、眼内レンズを挿入。水晶体の濁りによって見えづらくなっていた症状が改善されます。

当院の白内障手術までの流れ

視力・眼圧・眼底検査などの検査を行い、白内障の状態を診させていただきます。
   ↓
白内障手術が必要と診断された場合は、白内障手術の予約をしていただきます。
この時に、白内障手術に関する日程表をお渡しいたします。
   ↓
血液検査・手術に必要な眼科検査を行います。

内科への紹介状をお渡ししますので、その紹介状を持って内科をを受診し
全身状態を調べていただきます。
   ↓
ご家族の方と一緒に来院していただき、白内障手術の説明を
聞いていただきます。説明のあと承諾書をお渡ししますので、
記入して手術当日に受付へお出しください。
   ↓
手術の3日前に来院していただき、手術に必要な点眼薬・内服薬を処方します。
この時に点眼方法や手術の注意事項などもお話します。
この日に、保護眼鏡・眼帯を購入していただきます。
   ↓
手術当日は、ご家族の方と一緒に指定された時間に来院してください。
   ↓
手術翌日(金曜日)9:30に来院してください。
   ↓
手術3日後・5日後に来院していただきます。

 
ページトップへ